ロシア基本情報

ロシアってどんなところ?

ウラジオストク

近くて遠い国、それがロシアです。
飛行機につけば2時間で着いてしまう、日本から一番近いヨーロッパ。それがロシアです。

ロシア人というと「冷たい」というイメージがつきものですが、一旦打ち解けると、かなりフレンドリーで明るい国民性です。
またかなり親日的な国で、「憧れの国は日本」という人も少なくありません。

1993年のソ連崩壊時に経済も崩壊し、ロシアというと貧しいというイメージがあるかもしれませんが、それ以降、経済は目覚ましく復活し、世界の大富豪の中にはかなりの数のロシア人がいます。特にプーチン大統領の経済政策が成功し、ロシア国民全体の生活レベルもかなり上がりました。
2010年以降、不動産価格が非常な勢いで高騰していました。

しかし近年のウクライナ危機と原油安により、ルーブルが通常のレートの半分程度まで下落、それに伴いロシア国内ではインフレが進んでいます。
ルーブル安は今後、しばらくは続くものと考えられています。それに伴い、不動産価格もこれまでの高騰が頭打ちしています。

2012年にウラジオストクでサミットが開催されることが決定してから、ウラジオストクではインフラ整備が急速に進んでおります。またプーチン大統領はウラジオストクを極東地域の拠点とし、人口の増加、ビザの撤廃、外国企業の誘致などの経済政策に取り組んでおり、日本との間のビザも近々、撤廃される見込みです。

ウラジオストクの町は坂が非常に多く、「極東のサンフランシスコ」と呼ばれており、またロシア美人が多い街としても有名です。
人々のイメージに反して、かなり安全な街です。

 

 

投稿日:2016年9月29日 更新日:

Copyright© ロシア不動産とルーブル預金を使った資産形成 , 2018 AllRights Reserved.